ドライブ・旅行

道の駅あいづ 湯川・会津坂下のジェラートとソースカツ丼が激ウマ【福島】

福島県にある道の駅あいづ 湯川・会津坂下に行ってみました。遊具があって子どもたちも遊べるし、地元の特産物や加工品、美味しい食べ物もあるので大人も楽しめる場所です。

そこで、私の体験談とともに、おすすめグルメやお土産をご紹介します。

道の駅あいづ 湯川・会津坂下に行ってみようと決めたポイント

私は、道の駅あいづ 湯川・会津坂下を職場の同僚が新しくできたということを言っていたので知りました。前から噂もありましたが行ったことはなかったんです。同僚は子どもを連れていってみたら大変よかったと言うことでした。

そこは実家に行く途中にあって両親に差し入れを調達するのにも助かります。会津では大きい規模で隣町にありますが、公園なども隣接していて子供連れにはいいかなと思います。

実家に行く際やお友だちの家にいく時に適当な差し入れがなく、いつもありきたりの物ばかりで、困っていたんです。そのため、地元の加工品などがあり、野菜もそこにしかないブランド品があったりして話のタネにもなりました。

また、孫がいるので公園や遊び場を探していたから大人も子供も楽しめるところはないかと悩んでいました。

私は道の駅あいづ 湯川・会津坂下を知ってからも行けなかった理由は仕事が忙しかったのと子どもたちとのスケジュールが合わなかったからです。チラシなども入ってこなく、どこも一緒かと思いました。

同僚からのクチコミだったので、よく調べてから行っても遅くないかなと。場所もあまり行ったことがなかったので道を言われてもピンとこなかったのもあります。

そんな私が道の駅あいづ 湯川・会津坂下に行ってみようと決めたポイントは、大人も子どもも楽しめるところです。駐車場も広く、遊具がたくさんあり、狭くないので子供たちがひしめき合うこともありません。

道の駅にはベンチがたくさんあり、お年よりも休めるようになっています。ときどき、催しものもあって、いつもにぎわっています。特産品はもちろん、デザートも地産地消でおいしいです。

道の駅あいづ 湯川・会津坂下のジェラートとソースカツ丼が美味しかった

道の駅あいづ 湯川・会津坂下に行ってみると、とても駐車場が広いし、アクセス道路も広いので渋滞はありません。見どころは会津の農産物マーケットです。

会津と言っても野菜ひとつとってもいろいろな品種があり、そこでしか買えない伝統野菜があり、飾りにも使えて見ているだけで楽しくなります。

私が道の駅あいづ 湯川・会津坂下で購入した食べ物やお土産はサツマイモのジェラート、えごまのジェラート、おこわごはん、冷やしラーメン、あかべこの箸置きなどです。

あかべこの箸置きは、とてもかわいくて都会に住んでいる娘が帰省してくるとお土産に買っていきます。お土産になるようなリーズナブルな小物もたくさん売っています。会津木綿の巾着もシックでおしゃれです。

私が道の駅あいづ 湯川・会津坂下に行った時に、毎回、楽しむことはジェラートの食べ比べです。娘と行っていろいろなジェラートを食べ比べています。また、ジャムやスイーツの試食も結構やっているのでいるだけでおなかがいっぱいになってしまうほどです。

そのあとに農家レストランでビーフシチューやソースかつ丼を食べます。ソースカツ丼は会津では有名ですが、ここのはおいしいです。ほかには、自家製ハンバーグやトマト味噌ラーメンなどが人気ありますよ。

道の駅あいづ 湯川・会津坂下の駐車場でイベントを増やせばよいのに!

道の駅あいづ 湯川・会津坂下の気になるところは施設は広いのですが、いろいろな人が集えるイベントが少ないことです。駐車場が広いのでフリーマーケットや展示会などもやればいいのにと思います。

そうすることによって付加価値がついて買い物だけではなく行ってみようかと思うのです。その点が少しさみしいような気がします。

足が悪い方は車いすなど利用すると人の往来で少し狭くなるので混雑時は気をつけた方がいいかもしれません。駐車場も広いので近くに置かないと雨の日は大変でしょうね。

場所は会津の中心や観光地からは離れているので観光で時間がタイムオーバーになってしまった方にはおすすめできません。

道の駅あいづ 湯川・会津坂下は、時間があったらまた行ってみたい魅力的なところです。また、実家の両親がおこわがおいしいと喜んでいました。味がよく、年寄りには最高の差し入れです。

もちろん、ジェラートもおいしかったです。今度は両親を連れて行きたいと思います。オーガニック野菜が手に入るようなので、病気をしている母にもありがたい所です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」の見どころや過ごし方をご紹介しました。

ジェラートとソースカツ丼は、ぜひ一度、食べてもらいたいですね。子どもさんも遊び場がありますし、地元の加工品をお土産にすれば、きっと喜ばれますよ。

福島県に観光に出かけるときに立ち寄れる場所として、少しでもお役に立てればうれしいです。